バンシュー株式会社

 

ここ播州の地に生まれて56年、塗装の花を咲かせ、世界の『美観の保護』という

果実を実らせることで、人と社会の快適な環境づくりに貢献してきました。

今後、益々技術力の強化に努め、ハイテク時代のニーズに的確に対応し、

産業の発展に寄与できる企業を目指していきます。

 

物体の保護と美化のため塗装が必要です

塗装の主な目的は物体の『保護』と『美化』です。

塗装によって塗膜を形成し、防錆・防腐・防湿・耐薬品・耐油・耐候性等を付与する事で物体を保護することができます。

また、塗装により色彩・テクスチャー・平滑性等を付与することで美化することができます。

例えば、全長3,911mの世界最長の吊り橋である明石海峡大橋は、その美しさから「パールブリッジ」とも呼ばれています。日々、潮風や風雨や太陽光にさらされる厳しい環境で、この美しさを保つために塗装が欠かせません。

今日、建築物、機械、自動車、家電など世の中の殆どの製品は塗装されており、塗装は無くてはならない重要な処理となっています。

弊社はこの塗装を通じて社会に貢献することを使命に、日々努力しています。

 

 

バンシューの特長

 一般塗装を始め、小型から大型まで様々な機械(約17m)の塗装も可能で、焼付塗装、ショットブラスト、サンドブラストなど幅広い対応が可能です。

また、大型機械のショットブラスト(50トン)、サンドブラスト(44トン)も可能で、これらの前処理で塗装の品質を大幅に向上する事ができます。